女性

美しく白くなるために

美白に関しては現在ブームとなっているために、ホワイトニング効果のあるコスメやボディクリームなども数多く登場しています。とくにフェイスケアは重要視されていますが、最近ではボディケアに関しても商品が増加傾向にあります。

女の人

肌の悩みを解消

シミは、様々な原因によってできると言われています。その中でも、紫外線によってできるシミに悩んでいる女性は多いのです。現在は、シミ隠しができる化粧品も販売されているため、一度使用してみるとよいでしょう。

化粧

妊婦はシミができやすい

妊娠すると女性ホルモンの影響でシミができやすくなります。そのためシミを作らないようにいつもより気をつける必要があります。できてしまったシミ隠しにはコンシーラーが効果的です。堅いスティックタイプがカバー力があります。

ウーマン

ベビースキンを守る

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そのため外出の際は日焼けしないように気をつける必要があります。赤ちゃん用の日焼け止めを塗ることが有効ですが、帽子をかぶる、紫外線が多い時間の外出を避けることも有効です。

女性

エイジングケアを大切に

40代になると自然と油分と水分が減り、肌の乾燥に悩むようになりますので、エイジングケアの化粧品を使用するのがおすすめです。長年の紫外線の悪影響がでてくる年代でもある40代は、エイジングケアの化粧品を使用すると共に日常生活で紫外線を浴びない工夫も大切です。

化粧

紫外線対策

ミネラルファンデーションは、その名の通り、ミネラルが主成分の化粧品です。肌にダメージを与える成分がないので、肌トラブルを抱えている方に人気です。口コミによれば、オールインワン化粧品であるので、朝の忙しい時に便利です。

女の人

疲れ顔や老け顔の改善方法

肌のくすみは、血行不良やメラニンの生成と蓄積によって引き起こされます。くすみを解消するために、顔のマッサージをして血行を改善させ、また紫外線対策、保湿、ターンオーバーケアを徹底し、メラニンを撃退するようにしましょう。

冬も油断しない

鏡を見る人

紫外線の知識

美白の最大の敵はシミと紫外線です。紫外線にも波長により種類があり、A波は生活紫外線と呼ばれ冬でも降り注いでいます。もちろん夏に比べるとかなり少ないですが、肌の奥まで到達するためシミの原因になります。また夏に比べ美白のために手入れされてない方も多いため冬でも危険です。B波は紫外線のイメージ通り肌にかなりのダメージを与え、色が黒くなる原因です。ただ肌の奥まで浸透することができないため、シミの原因にはなりにくいです。もう一つ最近問題になっているC波は強力すぎて皮膚がんの原因にもなります。これはほとんどオゾン層で吸収されるのですが、殺菌灯などに使われているため暴露する可能性が高いです。C波はガラスで遮蔽できます。

日焼け止め対策

美白のためにはビタミンCなどが有効だとされています。冬野菜には美白に欠かせないビタミンcやベータカロテンが含まれたものが多いです。特に熱による分解を受けにくいものもあり冬野菜の摂取をお勧めします。さらにシミの原因として皮膚の乾燥も影響します。しわ予防のためにも保湿クリームや湿度を適切に保つことが大切です。しわができると紫外線の影響を翌年に皮膚の内部まで受けるためシミができやすくなるため、冬のお手入れは夏以上に大切です。また保湿クリーム以外にも、日頃の紫外線対策のために日焼け止めを必ず塗るようにすることも大切です。そうすればシミを防ぐことが出来ますし、美白に一歩近づきます。家の中にいるときにも、窓から紫外線は入ってくるので、なるべく日焼け止めは塗るようにしましょう。外に出るときにはSPFやPAの値が大きいもの、家の中では値の小さいものを使用することで、肌への負担を少なくすることが可能になります。シミは一度できると皮膚のターンオーバーを改善するだけではなかなか治りにくい傾向にあります。またシミのせいで見た目、美白が低下するため予防が重要になってきます。