疲れ顔や老け顔の改善方法

女の人

くすむ原因とは

肌の色が悪かったり、明るさや透明度が失われた状態を、肌のくすみと呼びます。肌がくすんでいると、疲れて見えたり、老けてみられたりする原因となってしまうこともあります。肌のくすみの原因として考えられるのが、血行不良です。ストレスや不規則な生活などが原因で、血液がドロドロになり血行が悪くなると、それが顔の毛細血管にも影響を及ぼし肌のくすみを引き起こしてしまいます。また、もう一つの原因はメラニンによるものです。メラニンとは、紫外線などが影響して体内で生成される色素成分です。紫外線、または摩擦などの刺激がメラニンを生成させ、肌の明るさを減少させてしまう原因となってしまいます。そのため、肌のくすみは血行改善と、メラニン対策をすることで解消することが出来ます。

対策方法

血行不良を改善させる方法の一つが、顔のマッサージです。中心から円を描くように、力を入れすぎないように注意しながら指で優しく顔をマッサージします。そうすることで、溜まっていたリンパなどが流れ、血行を改善させることが出来ます。マッサージは、くすみだけでなく顔のむくみも取り除くことも出来ます。お風呂などでリラックスしている状態で行い習慣づけることで、くすみを解消させることが出来ます。また、メラニンの対策としては、紫外線対策を徹底することが有効です。曇りの日でも常に紫外線は放出されているため、外出時には日焼け止めは必ず塗るようにし、メラニンの生成を抑えます。また同時に保湿、ターンオーバーケアも行い、肌にあるメラニン色素を減少させることで、更にくすみを解消する効果が期待できます。