紫外線対策

化粧

年齢を重ねていくと様々な場所で変化が起こりはじめます。例えば、顔にはシミやシワが増え始めたり、頬が垂れてしまいほうれい線が目立つようになったりします。こういった変化は加齢による現象のため仕方がないと多くの人が仕方がないと諦めてしまいますが、実は適切なケアを続けることで予防することもできるのです。例えば、老人性イボと呼ばれる皮膚の老化現象が原因でできてしまうイボは化粧品や生活習慣を改善することで防ぐげます。老人性イボができる主な原因は、日頃から浴びていた紫外線が皮膚の奥底まで届き、長い間蓄積されたメラニンが老人性色素斑になります。これは、シミに似たような症状で多くの人がシミと勘違いしてしまうでしょう。しかし、この老人性色素斑の表面が次第に固くなってしまったり、ザラザラとした手触りになってきたりしてしまうと、老人性イボに変化してしまうのです。その他にも、光老化と言われる症状が原因で作られることもあります。この老人性イボは早ければ60代頃から発生してしまう場合もあります。稀に、遺伝子上の問題が生じて20代から30代の人にも発症することがあります。老人性イボの発症を少しでも遅くするためには、日頃から紫外線対策に気を付けておくと良いでしょう。日焼け止めや日傘、帽子をなどを使って紫外線が肌に当たるのを防ぐことができます。今では、UVカット加工がされた日傘や帽子も販売されていますし、日焼け止めも用途や肌質に合わせて選ぶことができます。敏感肌の人は、比較的刺激の弱いものを選んでみるといいでしょう。その他にも、日焼けしやすい人はSPFが高め日焼け止めを使うのも一つの方法です。スプレータイプやジェルタイプ、クリームタイプなど様々なタイプの日焼け止めから自分が使いやすいものを選ぶことができます。